「Rグレード」とは何ですか?

国土交通省指定性能評価機関である日本鉄骨評価センターが、品質管理体制、製造設備と検査設備の管理体制、製作実績や品質管理状況などの審査を行い、高いグレードの順からS、H、M、R、Jに区分して認定する【鉄骨製作工場認定】のことです。

コンテナハウスは建築基準法上では鉄骨造に分類される(※一部、コンテナを構造体としないコンテナハウスを除く)ので、コンテナ工場でも建築用コンテナを製造する工場は、グレードを取得していることが望ましいと言えます。(現状必須要件ではありません)

Rグレードの工場の製作可能な鉄骨溶接構造は、5階建て以下、延べ床面積3,000㎡以内、高さ20m以下のものに限られます。使用鋼材は、400N及び490N級炭素鋼、板の厚みは25㎜以下のものとなります。開先加工を施さない通しダイアフラム、ベースプレート、ノンダイアフラム形式柱梁結合部パネルの場合は、鋼材の種類と溶接方法によって最大板厚は22~75mmまで可能となります。


window.twttr=(function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],t=window.twttr||{};if(d.getElementById(id))return t;js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="https://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);t._e=[];t.ready=function(f){t._e.push(f);};return t;}(document,"script","twitter-wjs"));
Category: コンテナハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。