コンテナハウスの内装仕上げまで中国でできませんか?

日本国内に設置し確認済証を取得するコンテナハウスの場合、「可能ではあるが、現時点ではかなり難しい」という回答になります。日本国内での作業や工期を圧縮することでのコストカットは期待できますが、①F☆☆☆☆(フォースター)の建材・内装材が中国国内では手に入りにくい ②電気工事有資格者が中国で探しにくい という2点の課題を解決する必要があります。その他にも、現地にコンテナを持ち込む前に細部に渡って仕様を確定させる必要があります。大型のイベントやホテル案件などで、同じ仕様のコンテナを大量に製作する場合であれば、この方法を検討できます。


window.twttr=(function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],t=window.twttr||{};if(d.getElementById(id))return t;js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="https://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);t._e=[];t.ready=function(f){t._e.push(f);};return t;}(document,"script","twitter-wjs"));
Category: コンテナハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。