コンテナハウスの屋根の積雪荷重は?

建築用コンテナは、建築場所や条件によって構造自体を変えて造ることができるので、「コンテナハウスの屋根の積雪荷重=〇〇N/㎡」と規定できるものではありません。参考データとして、FOREMOSTの建築コンテナ構造は、建築基準法施行令第86条に基づき東京都の垂直積雪量d=40㎝で計算されています。

例えば垂直積雪量が40㎝以上の地域にコンテナハウスを建てる場合、①屋根構造の強度を上げる ②コンテナの上に勾配屋根を設ける といった方法が考えられます。(勾配屋根用の鉄骨を青島工場で作って、コンテナハウスに入れて輸送してくることも可能)しかし、メンテナンス性・雪下ろし・日当たり・建築コスト等を総合的に考えて設計する必要があり、建築予定場所に応じて対応方法や構造を検討します。


window.twttr=(function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],t=window.twttr||{};if(d.getElementById(id))return t;js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="https://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);t._e=[];t.ready=function(f){t._e.push(f);};return t;}(document,"script","twitter-wjs"));
Category: コンテナハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です